INTRODUCTION
カール・マルクスの伝説の娘エリノア
その知られざる激動の半生を初映画化
19世紀を代表する哲学者、経済学者カール・マルクスの娘エリノア・マルクス。マルクス家の伝説の3姉妹の末娘であり、女性や子供たち、労働者の権利向上のため生涯を捧げ、43歳の若さでこの世を去ったエリノアの、時代を先駆けた女性活動としての知られざる激動の半生を初めて映画化したのが本作『ミス・マルクス』だ。
2020年ヴェネツィア国際映画祭2冠
主演ロモーラ・ガライ史上最高のパフォーマンス
主人公エリノアに扮するのは『エンジェル』(07)、『つぐない』(07)のロモーラ・ガライ、エイヴリング役に『戦火の馬』(11)のパトリック・ケネディほか英国を代表する実力派俳優が集結。監督・脚本を手掛けたのは、イタリア出身のスザンナ・ニッキャレッリ監督。ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門作品賞を受賞した前作『Nico, 1988』(17)で発揮した音楽センスをもって、エリノアの生き様にアメリカのパンクロック・バンド、ダウンタウン・ボーイズの楽曲を重ねた大胆な演出で、2020年ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門でベストサウンドトラックSTARS賞を含む2冠に輝き、2021年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞11部門ノミネート、3冠受賞を果たしている。
STORY
1883年、イギリス。最愛の父カールを失ったエリノア・マルクスは劇作家、社会主義者のエドワード・エイヴリングと出会い恋に落ちるが、不実なエイヴリングへの献身的な愛は、次第に彼女の心を蝕んでいく。社会主義とフェミニズムを結びつけた草分けの一人として時代を先駆けながら、エイヴリングへの愛と政治的信念の間で引き裂かれていくエリノアの孤独な魂の叫びが、時代を越えて激しいパンクロックの響きに乗せて現代に甦る。
CAST
ロモーラ・ガライ
ロモーラ・ガライ
Romola Garai
エリノア・マルクス役
パトリック・ケネディ
パトリック・ケネディ
Patrick Kennedy
エドワード・エイヴリング役
フィリップ・グレーニング
フィリップ・グレーニング
Philip Gröning
カール・マルクス役
ジョン・ゴードン・シンクレア
ジョン・ゴードン・シンクレア
John Gordon Sinclair
フリードリヒ・エンゲルス役
フェリシティ・モンタギュー
フェリシティ・モンタギュー
Felicity Montagu
ヘレーネ・デムート役
カリーナ・フェルナンデス
カリーナ・フェルナンデス
Karina Fernandez
オリーヴ・シュライナー役
オリバー・クリス
オリバー・クリス
Oliver Chris
フレディ役
ロモーラ・ガライ
ロモーラ・ガライ
Romola Garai
エリノア・マルクス役
1982年8月6日、イギリス領香港生まれ。2004年、ジェームズ・マカヴォイと共演した『ダンシング・インサイド/明日を生きる』で、英国インディペンデント映画賞助演女優賞ノミネート、ロンドン映画批評家協会賞助演女優賞を受賞した。2007年、フランソワ・オゾン監督初となる英語作品『エンジェル』の主演に抜擢され、ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)と英国アカデミー賞作品賞を受賞したジョー・ライト監督作『つぐない』にも出演。テレビドラマ『エマ 恋するキューピッド』(09)、『THE HOUR 裏切りのニュース』(11-12)で、それぞれゴールデングローブ賞テレビドラマ部門女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)にノミネートされている。その他の映画出演作に、『悪女』(04)や『アメイジング・グレイス』(06)、『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(11)、『ラスト・デイズ・オン・マーズ』(13)、『未来を花束にして』(15)など。
パトリック・ケネディ
パトリック・ケネディ
Patrick Kennedy
エドワード・エイヴリング役
1977年8月26日、イギリス、ロンドン生まれ。オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジで英文学と英語学を、LAMDAで演劇を学ぶ。主な映画出演作に、ロモーラ・ガライと共演した『つぐない』(07)、『僕と彼女とオーソン・ウェルズ』(09)、『終着駅 トルストイ最後の駅』(10)、『戦火の馬』(11)、『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』(15)、『ピータールー マンチェスターの悲劇』(18)など多数。テレビ出演作では、『ブリーク・ハウス』(05)、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(12)、『ブラック・ミラー』(11)に加え、2020年に大ヒットしたNetflix製作ドラマ『クイーンズ・ギャンビット』などがある。
フィリップ・グレーニング
フィリップ・グレーニング
Philip Gröning
カール・マルクス役
1959年4月7日、西ドイツ、デュッセルドルフ生まれ。監督、ドキュメンタリー映画製作者、脚本家、俳優。デュッセルドルフとアメリカで育つ。監督作『警察官の妻』が、2013年ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞を受賞し、ドキュメンタリー映画『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』(05)が日本で大ヒットを記録。『Mein Bruder heisst Robert und ist ein Idiot』で2018年ベルリン国際映画祭のコンペティション作品に選ばれた。俳優として3作品に出演し、本作ではカール・マルクスを演じた。
ジョン・ゴードン・シンクレア
ジョン・ゴードン・シンクレア
John Gordon Sinclair
フリードリヒ・エンゲルス役
1962年2月4日、スコットランド、グラスゴー生まれ。歌手、作家としても活動。映画出演作品には、『グレゴリーの"彼女"』(80)、テリー・ジョーンズ監督、関根勤出演の『エリック・ザ・バイキング バルハラへの航海』(89)、『友情の翼』(96)、ブラッド・ピット主演の『ワールド・ウォー Z』(12)、スザンナ・ニッキァレッリ監督の『Nico, 1988』(17)など。
フェリシティ・モンタギュー
フェリシティ・モンタギュー
Felicity Montagu
ヘレーネ・デムート役
1960年9月12日、イギリス、リーズ生まれ。映画出演作には、『ブリジット・ジョーンズの日記』(01)、マーティン・フリーマン主演の『コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト』(06)、『アメリカン・キャンディー 俺たちの課外授業!』(07)、サイモン・ペッグ主演の『セレブ・ウォーズ 〜ニューヨークの恋に勝つルール〜』(08)など。
カリーナ・フェルナンデス
カリーナ・フェルナンデス
Karina Fernandez
オリーヴ・シュライナー役
映画出演作には、マイク・リー監督の3作『ハッピー・ゴー・ラッキー』(08)、『家族の庭』(10)、『ターナー、光に愛を求めて』(14)や、『パレードへようこそ』(14)、『Nico, 1988』(17)など。
オリバー・クリス
オリバー・クリス
Oliver Chris
フレディ役
1978年11月7日、イギリス、ケント生まれ。テレビ、映画、舞台で活躍。映画出演作には、『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(04)、ロバート・ダウニー・Jr.主演の『ドクター・ドリトル』(20)、アニャ・テイラー=ジョイ主演の『EMMA エマ』(20)など。
STAFF
スザンナ・ニッキャレッリ
監督・脚本:スザンナ・ニッキャレッリ
Susanna Nicchiarelli
1975年、イタリア、ローマ生まれ。ピサ高等師範学校で学び、哲学の博士号を取得。2004年にイタリア国立映画実験センターの映画演出科を卒業。短編映画やドキュメンタリー映画を数本監督した後、2009年に『コズモナウタ 宇宙飛行士』(10、イタリア映画祭)で長編監督デビューを果たし、ヴェネツィア映画祭コントロカンポ・イタリアーノ部門で受賞、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で新人監督賞にノミネートされる。2017年に、トリーネ・ディアホムを主演に迎え、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドで活動したドイツ人シンガー、ニコの伝記映画『Nico,1988』(17)を監督。『Nico, 1988』でヴェネツィア映画祭オリゾンティ部門作品賞、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で脚本賞含む4部門受賞に輝いた。本作『ミス・マルクス』は、2020年のヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品され2冠に輝き、2021年にダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞11部門ノミネート、3冠を果たしている。
撮影監督:クリステル・フルニエ
Crystel Fournier (a.f.c.)
アデル・エネル出演の『水の中のつぼみ』(07)以降、『トムボーイ』(11)や『Girlhood(Bande de filles)』(14)など、『燃ゆる女の肖像』(19)のセリーヌ・シアマ監督との仕事で知られる。スザンナ・ニッキャレッリ監督とは『Nico, 1988』(17)で初タッグを組み、2021年に本作『ミス・マルクス』で、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞撮影賞にノミネートされた。
衣装デザイン:マッシモ・カンティーニ・パリーニ
Massimo Cantini Parrini
イタリア、フィレンツェ生まれ。マッテオ・ガローネ監督作品で衣装デザインを多数担当。『五日物語-3つの王国と3人の女-』(15)ではダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞衣装賞デザインを受賞し、『Pinocchio』(19)では同賞に加え、2021年アカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされる。本作『ミス・マルクス』では、2021年に5度目となるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞衣装デザイン賞を受賞し、ナストロ・ダルジェント賞のシルバー・リボン・オブ・ザ・イヤー賞に輝いた。
音楽:ガット・チリエージャ・コントロ・イル・グランデ・フレッド
Gatto Ciliegia contro il Grande Freddo
1999年にイタリア、トリノで結成された音楽グループ。スザンナ・ニッキャレッリ監督作品に多数携わる。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのシンガー、ニコの伝記映画『Nico, 1988』では音楽を手掛け、2018年にダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作曲賞、ナストロ・ダルジェント賞作曲賞ほかノミネート。本作『ミス・マルクス』ではダウンタウン・ボーイズと共に音楽を担当し、2020年にヴェネツィア国際映画祭でベストサウンドトラックSTARS賞、2021年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作曲賞を受賞した。
音楽:ダウンタウン・ボーイズ
Downtown Boys
2011年にアメリカ、ロード・アイランド州プロビデンスで、ボーカルのヴィクトリア・ルイスとリード・ギターのジョーイ・デフランチェスコを中心に結成されたパンクロック・バンド。ローリング・ストーン、ザ・ニューヨーカー、スピンの表紙を飾り、「アメリカで最もエキサイティングなパンクバンド」と評される。本作『ミス・マルクス』の音楽に抜擢され、2020年にヴェネツィア国際映画祭ベストサウンドトラックSTARS賞、2021年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作曲賞を受賞した。